読みきかせ



スポンサーリンク

フルートの仁平真由美です。

しばらく雨も降らないままお盆に入りましたね。暑い日が続きますが皆様健やかにお過ごしでしょうか。

 

久しぶりに「よい子に読みきかせ隊」の活動に参加させていただきましたので、その様子を載せたいと思います。

直木賞作家である志茂田景樹氏が自身で書いた絵本を自身が読みきかせる隣で、音楽担当がその場で音やメロディをつけるというもの。音楽担当はフルート以外にもヴァイオリンやピアノのメンバーもいるのですよ。

私が初めて参加したのは忘れもしません、2001年5月。突然、大学の先輩からの「今週末、楽器持って上野公園へ行け」という指示(命令?)から始まったこの活動への参加。それにしても、ど田舎から出てきたばかりの私が初めて間近で見る有名人が志茂田景樹先生とは少々衝撃が強かったような気がします。。。

あれから約15年、今でも参加させていただけていて、感謝と喜びでいっぱいです。

image

右はマネージャーであり奥様の光子さん♪

 

さて、

今回はある住宅メーカーさんのイベント。とってもとっても立派なお弁当をご用意下さって、お腹いっぱいで臨みました(笑)

作品は

『小さな小さなぞうのひみつ』

『キリンが来る日』

そして急遽もう1作

『まんねんくじら』

 

やっぱり、子供たちの様子を見ながらフルートを吹くのは楽しいし面白いっっっ!!!

志茂田先生のぞうの鳴き声を真似してふざけちゃう子、お口をぽかーんと開けたまま聞いてる子、隣で聞いてる弟くんの様子を何時も確かめるお兄ちゃん、、、みんな違くてみんなかわいいわ。

そして、涙目で聞いてらしたママさん達の姿が実に美しい。我が子を思って込み上げてくるものがあるんだろうな。

 

また参加したい〜。

imageimageイベント後に、施設内を少し見学させていただきました。すっごく大きい街のジオラマ!!あんな大きいジオラマ見たことない!!迫力満点でした。

(中は撮影禁止とのことで残念ながら写真はございません)

最後におまけ。

image

イベント前は満腹だったはずなのに、1時間の公演を終えてカレーライスを自ら注文される志茂田先生です。この食欲が先生の若さたる所以でしょうか。

私が真似したら大変なことになりますね。アハ。

いやーしかし空と葉の色が濃いですねー。これまた夏って感じ!!

スポンサーリンク